FC2ブログ

2008年11月の映画化コミック(3)

2008年11月に映画化されるコミックの情報です。

「平凡ポンチ」(小学館・ジョージ朝倉・全4巻)

真島アキ(30)は、デブで冴えない外見ながら熱い志と才能を持った自主映画監督。ところが、商業映画の監督デビュー目前で、ライバル・新開にその座を奪われてしまう。自暴自棄で歩道橋からカメラを投げ捨てようとしたその時、真島監督のファンだという女子高生・鰐淵ミカが現れ、カメラを守るため階段を転げ落ち・・・。

2004年に映画化された「恋文日和」で一躍有名になったジョージ朝倉。
彼女の青年誌初連載となったのがこの「平凡ポンチ」です。

まさに青年誌らしい、ものすごいパワーと荒唐無稽さで突き進んでいくお話。

そもそも、ミカ(貧乳)の巨乳に対するコンプレックスが尋常じゃないッス。
(しかも、作り物は絶対にダメっていうコダワリも。)
そのままで充分カワイイのになぁ。

アキも、愛のパワーで変形しちゃうし、なんていうか、ツッコミどころ満載なんです。

でも、その中にシリアスっていうか、「なんだろう?」って考えさせられる部分がちりばめられていて、ちょっとゴチャゴチャした印象のマンガですかね。

読後感はあんまりスッキリしない。
結局イケメンでも巨乳でも、そこに愛があれば問題ナシかよ!!

って感じ。

やや、オモシロイとは思うんですよ。深く考えなければ。
マンガを読むにはイキオイが何より! って人にはオススメします。

個人的に、ジョージ朝倉は「ピースオブケイク」が好きなんです。


で、映画は、というと。

監督は『東京ゾンビ』の 鬼才・佐藤佐吉!

・・・って誰やね~ん!! スンマセン、知らない人です。

公式サイトや芸能ニュースを見る限りでは、残念なアイドル映画っぽいです。
グラドルがお好きな人は、ゼヒ映画館へ足を運んでくださいませ。


映画公式サイト

2008年11月22日(土) シネマート新宿他にて公開!!
(詳しい上映館は、公式サイトをご覧ください。)

平凡ポンチ (1) 平凡ポンチ (3) 平凡ポンチ (4)
この1巻表紙は、なんとなくオシリーナに見えなくもない。かな?

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ。

とおりすがりのジョージファンさん、カキコありがとうございます!!

映画ってあんまり見ないんですよねぇ。
しかも、見てても、監督の名前が覚えられない。
(覚えられないのは監督だけじゃないんですが・・・。)

「世界的にアングラ」ってことだったので、
知らなくってもちょっとだけ安心しましたよ。

佐藤佐吉

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%B4%C6%A3%BA%B4%B5%C8

とのことです。確かにキルビルには出てましたね。
でも世界的にアンダーグラウンドな監督らしいです。
ようわからん。あ、オー!マイキーっていうマネキン
の脚本もてがけてたって公式には載ってました。
それは好きだった。
リンク
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コミックの新刊発売日はコチラ

本やタウン コミック近刊情報

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード