FC2ブログ

2010年4月期映画化コミック(4)

2010年4月に映画化されるコミックの情報です。

「ダーリンは外国人」(メディアファクトリー・小栗左多里・2巻

漫画家のさおりとアメリカ人ライターで語学オタクのトニーの国際カップルの日常生活を描いています。外国人なダーリン、トニーの日本人には思いもつかない素朴な発想から生まれた名言・珍言が飛び交います。

4月10日全国ロードショウ公開作品の原作コミックエッセイです。
主演は井上真央、「花より男子」に続きマンガづいています。

コミックエッセイというジャンル、今多いのですが、出版業界で言うとコミックの分類でなく、書籍の分類に入るそうです。

ダーリンは外国人シリーズは、現在5作でています。「ダーリンは外国人1.2」と「ダーリンの頭の中1.2」と「ダーリンは外国人 with BABY」のタイトルなのですが、純粋に続き物と考えていいようです。

4コマではないのですが、それに似たような表現形式で、外国人との生活の中で感じた再発見がストーリーの中心テーマになっています。

何かがうまくいかなかったとき「プランBを考えよう」のトニーの建設的な考え方にほうほうと思いました。不可能はあきらめ、次の現実的な手段を取る、この切り替えが文化的違いなのかな。

生活の考え方も、節約、質素を自然に苦痛なく行っています。

見方を変えるとこうなるよという思いを表現するのに、語りべ役のトニーが実際に発した言葉を描くことで伝えたいのかな。

今までどおりではない考えを取り入れるきっかけになるかもと、累計280万部も売れたのかなと思います。

コミックエッセイという分野、現実を描いていますので、あっという間に読めてしまうのも人気のひとつかな。

映画も井上真央が主演だし、見に行く人、多いだろうと思います。

〈 written by ひかりん 〉

2010年4月10日(土) 全国ロードショー!!

映画公式サイト

ダーリンは外国人 (1) ダーリンは外国人 (2)
ダーリンは外国人 with BABY ダーリンの頭ン中 (1) ダーリンの頭ン中 (2)

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

二丁目のファイン君と申します。
この『ダーリンは外国人』ってJRの車内のスクリーンでもやっていて、いつも面白いなーって思っていたんですよ。
リンク
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コミックの新刊発売日はコチラ

本やタウン コミック近刊情報

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード