2011年4月期映画化コミック(3)

2011年4月に映画化されるコミックの情報です。

「まほろ駅前多田便利軒」(白泉社・山田ユギ・2巻~)

東京のはずれ、ほぼ神奈川というに位置する都南西部最大の街・まほろ市。
バツイチ三十路の多田啓介は、駅前で便利屋を営み細々と暮らしていた。預かり物のチワワに逃げ出された年始のある日、高校時代の同級生・行天春彦に偶然再会。帰る場所がないという行天は、なぜだかそのまま多田の元に転がり込んできて・・・。過去にワケありの2人の男が、数々の事件を解決します!!


2006年に直木賞を受賞した三浦しをんの小説が映画になります!
ので、今回ご紹介するのはそのコミカライズ版。

三浦しをんといえば、映画化もされた「風が強く吹いている」がかなりオモシロかったんですよねぇ。
ありえない設定ではありましたが、アツイ男たちのお話でした。

でもでも今回は、描いてるの山田ユギだし、あの表紙(↓)だし。
BLっぽい雰囲気がめっちゃ漂ってます。

んが、違いますよ!
(ちょっぴりアンニュイな空気感はそれっぽくはありますが。)

バツイチ三十路の男2人が、雑多な街で様々な事件に巻き込まれる。
「関わらないのが正解」と思いながらも放ってはおけない性格の多田と、飄々として捕らえ所がないけれど鋭い観察眼を持つ行天。

それぞれが過去の傷を抱えながらも、周囲の人たちを助けていく。
2人の過去に何があったのか、これから明らかになるのでしょう。

・・・と思ったら、映画サイトで多田の過去がサラッと書かれてるではないですか!
ま、想像通りなんですけどね。

今後は行天の過去の闇が明かされることを楽しみにしていきましょう。
こちらもそれなりに想像はつきますけどね。


しっかし、瑛太はまぁいいとして松田龍平がねぇ・・・。
行天にはもう少し美しくあって欲しいなぁ。

2011年4月23日(土) 全国ロードショー!!

映画公式サイト

まほろ駅前多田便利軒 (1) まほろ駅前多田便利軒 (2)
まほろ駅前多田便利軒 (1)

2011年4月期映画化コミック(2)

2011年4月に映画化されるコミックの情報です。

「ほしのふるまち」(小学館・原秀則・全7巻)

進学校の成海高校2年生、堤恒太郎は3年生に進級できなかった。。。進級する為、親の指示で富山県氷見市の高校へ転校し、そこで一年頑張り進級を目指そうとするが、何もできず、駄目人間だと自分を追い込めて傷ついていく。しかし、そこで出会った少女、渚との触れ合いによって少しずつ変わっていく。

○○○です♪

4月2日から映画公開のマンガです♪(富山県は地元だけにもう公開してます。)

原先生を好きない人は多いんじゃないでしょうか?
○○○と同じ世代の人は大体好きな気がする。(あだち充世代)

ジャストミートっていう少年誌で連載しているときから読んでいるんだけど、このマンガ以降は恋愛モード全快です。
これもそんな感じで、主人公はうじうじ系=3

恒太郎は親の勝手で田舎の進学校に転校させられ、全てのことが嫌になっている状況。
かなりのマイナス思考です。

そんな恒太郎が渚と会うことによって少しずつ、少しずつ前向きになり、明日を追うような人間になっていくんですが、そこまでのマイナス思考っぷりはとんでもないです。

何をやっても駄目などと・・・。
最初はかなりむかつく主人公なんですよ。

渚との出会いは恒太郎にとって最初は物凄く嫌な存在だったが、彼女の人柄に惚れる。
でも、彼女には好きな人がいて・・・。

映画やドラマでは物凄くやり易いような内容になっていると思います。
この主人公はなぜそんなにモテるんだろう??
○○○のが断然良いと思うのだが・・・。

最初の彼には勝てますね♪
しかし、夢を見つけて追う人間になったら私と同等。
若さで負けとるか(涙

恒太郎は中村蒼で「恋空」に出ていた人です。
渚は「武士道シックスティーン」に出ていた山下リオという人だそうです。
どちらも若々しくて原作のイメージに合いそうな感じがします。
見には行きたいけど一人で行けるか・・・。


東京で輝けなかったけど、ここでは輝けるかもしれない!
○○○の評価は・・・中の上!(`・ω・´)シャキーン
〈 written by ○○○ 〉

2011年4月2日(土)より  全国順次公開!!
(富山県のみ3月26日(土)から先行公開されてます。)

映画公式サイト><以前のレビュー

ほしのふるまち (1) ほしのふるまち (2) ほしのふるまち (3) ほしのふるまち (4)
ほしのふるまち (5) ほしのふるまち (6) ほしのふるまち (7)

2011年4月期映画化コミック(1)

2011年4月に映画化されるコミックの情報です。

「高校デビュー」(集英社・河原和音・13巻~)

高校へ入学したら彼氏を作って高校生活をエンジョイする!!
晴菜は、いくら頑張っても彼氏ができない。。。雑誌を真似ようが、昔から培ってきたソフトボールのお陰で筋肉質だし。。。そんな中、女ウケしそうなイケメン男性のヨウに出会う!
この出会いを逃したら先はない!ということでお願いしたのが彼氏ができるように指南してもらうことだった。


○○○です♪

また少女コミックがやってきました。

最近、映画になる少女マンガを読むんだけど、映画になるだけあって面白かった♪
これが映画になるのは皆様ご納得だと思う。


最初はまさかの設定でしたね!

ふと会ったイケメンのヨウに「モテのコーチをして下さい!!」って頼むんですから=3
受けたヨウも「しても良いけど絶対に惚れるなよ。」だって=3

ヨウは学内でクラス全員にモテルほどの超イケメンなんだけど、物凄く無愛想で、女の人と話すことが面倒って感じのタイプ。
そのヨウに晴菜がレクチャーを受けるんだけど、雑誌ばかり読んでズレまくった女の子だったんです!
マンガでは晴菜は可愛らしいんだけどなぁ~
(マンガの中ではそれなりみたい(ってことは○○○もズレとる??))

とりあえず、晴菜のテンションが面白くってスムーズに全巻読めましたよ♪
要所要所で晴菜の乙女っぷりに涙ぐむ場面も多々あるのと、ヨウが晴菜と付き合うにつれて無愛想だったのが、段々と柔らかくなり、全くなかった嫉妬なんかも出てきて、2人はお互いに好きあっているんだな思えた。

いつも一緒にいる友達、特に朝丘や真巳ちゃんネタがどうなるのかと期待して・・・。
書かん方がええね=3ここは読んでからじゃな♪

○○○としては朝丘くんのキャラが好きだな~♪
冗談なのか本気なのかが全く解らない謎めいた所がたまらんです。

絵柄も良く、笑顔や涙の場面っていうのは入り込んでしまいます。


ヨウが晴菜を「アンタ」と呼ぶのは、最後には名前に変わって感動させる場面があるのかと・・・
○○○の評価は・・・中の上!(`・ω・´)シャキーン
〈 written by ○○○ 〉

2011年4月1日(金) ロードショー!!

映画公式サイト><以前のレビュー

高校デビュー (1) 高校デビュー (2) 高校デビュー (3)
高校デビュー (12) 高校デビュー (13)

2011年3月期映画化コミック(6)

2011年3月に映画化されるコミックの情報です。

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」
(講談社・衣谷遊・2巻~)

西暦2030年、情報ネットワークとサイボーグ技術の発達により人々の意志が電脳で繋がれた未来 。複雑化する犯罪の根を事前に探し出しこれを除去する非公開組織、内閣総理大臣直属の公安9課それが攻殻機動隊だ。荒巻課長のもと草薙少佐を実行部隊の長として事件に挑む。

3月26日全国10の劇場で映画公開作品です。
オリジナルストーリー、3D 作品です。

この作品の予備知識がない方は事前に、時代設定と登場人物、荒巻課長、草薙少佐、バトー、ドクサ、サイトー、イシカワ、パズ、ボーマの見分けがつく程度は調べていったほうがより楽しめると思います。

レビューは、最新作「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX」です。

高級料亭で外務大臣拘束事件が発生した。草薙少佐率いる攻殻機動隊が召集され現場へ向かう。

きちんと描かれているメタル感がいいんです。

事件をどう解決するか、事件の裏になにがあるのか。
戦闘シーンもワクワク感いっぱいです。

未来の装備とネットワークの威力、それを操るのは電脳化された人間やアンドロイド。
コミック自体が映画のようです。

軍と政府と犯罪組織と公安9課のかかわり方が、政治的なリアリティーをだしています。
この社会に隠された秘密のにおいがぷんぷんします。

雰囲気は私の中では昔、角川映画で見た「幻魔大戦」をイメージしてしまいます。

幻魔大戦のストーリーをはっきり憶えていないのですが、なぜかイメージしてしまいます。
メタル感はなかったはずなのに。

事件が起こりそれに挑み終結する。
また、新たな事件が起きる、察知する。

と無限にストーリーは設定できそうです。
この社会の大きな秘密があばかれるまでは。

この謎には興味津々です、マトリックス的な秘密が隠されているのか。

軍事兵器の暴走事件が発生する、またしても攻殻機動隊の召集だ。

映像で見るときっと綺麗なんだろうな、戦闘シーンも迫力ありそうだし、今回は10ヵ所ですが今後は全国で見れる作品になる予感がします。
〈 written by ひかりん 〉

2011年3月26日(土)より 全国10劇場にて公開!!

映画公式サイト><「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」公式サイト

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX (1)
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX (2)

2011年3月期映画化コミック(5)

2011年3月に映画化されるコミックの情報です。

「ランウェイ☆ビート」(宝島社・あさきやかい・全1巻)

青々山学園に通う1年生・塚本芽衣のクラスに、一人の転校生がやってきた。彼の名は溝呂木美糸(ビート)。転校早々、クラスメイトでモデルの立花美姫が、冴えないオタクの犬田悟(ワンダ)をいじめる現場に遭遇したビートは、ワンダをクラスで1番カッコイイ男に変身させると言い出して・・・。
「信じれば、自分は変われる」天才的なデザイン能力を持つビートの言葉に動かされ、クラスのみんなが変わり始める・・・。


2009年に映画化された「カフーを待ちわびて」の原田マハの小説が、映画になります。
ので、今回ご紹介するのは、そのコミカライズ版ですね。

原作者の原田マハは、岡山の山陽女子高等学校出身なんですって!
(岡山人の活躍をうれしく思うなんて、私もすっかり岡山に馴染んだものです。)
んで、ニューヨーク近代美術館でキュレーターをしていたんだとか。

いやはや、カッコイイ経歴ですなぁ。
才能ある人ってうらやましいッス。

んが・・・。
どんな話だったか覚えてないんですよねぇ。
あらすじ読んでも「そんなだったかも」って思う程度で、どんなラストだったか全く思い出せません。
(マンガしか読んでないからかな?)

私にラブストーリーは向いてないってことですかねぇ。


さてさて、今回の「ランウェイ☆ビート」のお話。

コレも、無理やり単行本1冊分のページ数に収めちゃっているからか、お話としてはイマイチ盛り上がらないというか、入り込めないというか、楽しめない。

すべての事柄が唐突過ぎて、「え?! なんでそうなるの?」って。
もう少し細かく丁寧に描いてくれたらイイのに。

なんだか、ストーリー追うので精一杯ってのが伝わってくるマンガでした。
・・・残念。


そういえば、IMARUって今まであんまりちゃんと見たことなかったんですよ。
よく見ると、めっちゃチビッ子なんですねぇ。

予告編の田中圭のイケてなさっぷりがスゴイ!!
あんな子、いるよねぇ。


2011年3月19日(土) 全国ロードショー!!

マンガ ランウェイ☆ビート
リンク
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コミックの新刊発売日はコチラ

本やタウン コミック近刊情報

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード