FC2ブログ

メタ子のお気に入り(9)

火曜日はメタ子さんの日です!!

「GS美神 極楽大作戦!!」(小学館・椎名高志・全39巻)

ボディコンの霊能力者「美神令子」は、業界でもトップクラスのゴーストスーパー。
薄給で奉仕する、煩悩の塊「横島忠夫」と、まともだが、三百年前の幽霊「おキヌ」で、今日も破格のギャラであこぎに稼ぎまくる!!


GS美神は、何回読んでもおもしろいですd(^^*)

悪霊退治をしていくっていう、お話の内容は、すごくシンプルなんですけど、出てくるキャラがかなり個性的なので、読んでてあきないです(*^-^*)
悪霊も個性的(おバカっぽいのもいる)だったりします。

やっぱ一押しキャラは横島忠夫でしょっ!!

この煩悩だけの横島がいなければ、GS美神はありえない。
主人公、美神のピー(自粛)だけの為に、自給250円で(途中で255円にUP(笑))奴隷状態で助手をしているのですが・・・・・・

横島君も最初はただのスケベ高校生なんですけど、妙神山に修行に行ったり、GSの資格を取りに行ったりで、人並みはずれた煩悩によって霊力が開花(笑)
何だかんだで横島君が強くなって美神を守っちゃったりしてで、何だかかっこよくなっていくんですよー。

そんな横島君に後半あたりで、惚れていく女性が続出(?)
あ~、確かに惚れてまうかも(笑)

全体的な感想としては、ギャグっぽいですけど各キャラがどんどん成長していくのが、見どころではないかと思います。
あと、オカルトはちょっとと言う人でも、2/3は笑えるので、気軽に読めるのではないかと思いますよd(^^*)

あっ! それと、15年前にアニメ化されましたけど、原作とほとんど同じで、私のイメージしていた以上のアニメっぷりで(笑)かなり面白かったです!
特に横島君最高!! 声優さんは、ドラゴンボールのベジータ役もしていました、堀川りょうさんです。
ベジータから想像できないような壊れっぷりで、毎週楽しまさせてもらいました(≧∇≦)

レンタル屋にあれば、一度アニメもご覧あれ!!
〈 written by メタ子 〉

GS美神極楽大作戦!! (1) GS美神極楽大作戦!! (2) GS美神極楽大作戦!! (3) GS美神極楽大作戦!! (4)
GS美神極楽大作戦!! (38) GS美神極楽大作戦!! (39)

メタ子のお気に入り(8)

火曜日はメタ子さんの日です!!

「ハデー・ヘンドリックス物語」(集英社・漫☆画太郎・全1巻)

これはまだ、ロックがいかがわしい音楽とされていた時代のお話・・・
『ハデー・ヘンドリックス』のリーダー「ハデー」は、LIVEの度に演奏中にギターをぶっ壊し、毎回9万円の赤字を出していた。
いよいよ困ったハデー達は、楽器店に忍び込み、ギターを盗もうとするが・・・!?



え~、またもや漫画太郎さんの作品を紹介です(笑)

タイトルを見て、ちょっと気づいてる人もいるかもですが、ジミ・ヘンドリックスさんのパロディ? なのかな。

私はジミ・ヘンドリックスさんをあまり知らないのですが、ギターを歯で弾いたり、ギターに火を点けたり、破壊したりすることで有名な方です。
日本では、『ジミヘン』って呼ばれてますね。

で、漫画太郎さんがパロってる『ハデヘン』は・・・

全然かっこよくない(笑)
ギターを破壊している以外、全くジミヘンの「ジ」の字も無い・・・って感じ(爆)
ハデヘンが弾いてるギターなんか、ひょうたんを縦に切ったようなギターでかっこよくな~い。

ストーリーも漫画太郎さんにしては、普通に感じましたけど、このハデヘンは後からじわじわきます!!

で、私知らなかったんですけど、この「ハデー・ヘンドリックス物語」、
映画になってるんですねーΣ(・oノ)ノ
主人公のハデヘンは、温水洋一さんなんですね。

・・・すみません、思いっきり笑ってしまいました(o_ _)ノ彡☆

まんま、ハデヘンじゃないですかっ!!
温水洋一さんの豹変ぶりをちょっと見てみたいです(笑)


「ハデー・ヘンドリックス物語」には、読みきりで、あと5作品載っていますので、手に取る機会がありましたら、後半のババアもお楽しみ下さいね(^m^ )

ハデー・ヘンドリックス物語
画像がちっちゃくてサミシイっす。

メタ子のお気に入り(7)

さてさて、映像化コミック紹介もひと段落つきましたので、
久々に皆さんのオススメまんがをご紹介します。

火曜日はメタ子さんの日で~す!!

「To-y」(小学館・上條淳士・全10巻)

トーイこと藤井冬威は、パンクバンド【GASP】のボーカル。
ある日、ビックスター【哀川陽司】のLIVEを乗っ取り、哀川陽司のマネジャー加藤か志子の目に留まる。それがきっかけで、GASPを脱退し、哀川陽司のバックバンドを経て、アイドルとしてソロデビューする。


ひっさしぶりに、To-yを読みました(≧∇≦)
これかなり古い漫画で、1985年頃(だったかな?)に、週刊少年サンデーに連載されていた音楽もの漫画です!

連載されていた当時、パンクとか、ヘビーメタル等のバンドブームの時代で、その頃の影響がすごく出ている漫画だと思います。

・・・思いますというより、そのままです(笑)

この漫画に出てくる人物は、誰かがモデルだったりします。
85年頃が青春時代だった人にはすぐわかると思いますが、主人公トーイのライバル哀川陽司は、まんま吉川晃司さんだったり、GASPのドラマー桃ちゃんは、サンプラザ中野くんだったりします(笑)
聖飢魔Ⅱのデーモン閣下も出てるよ、悪魔のままで(爆)

この当時、トーイを読んでの感想は「カッコイイ」の一言!!
ストーリーもかっこいいけど、絵もかなりカッコイイ!

線が細くて綺麗(☆▽☆)
この時代、上條さんが描くような絵って、なかったような・・・多分。
今見ると、服とかは時代を感じますが、かっこ良さは、今でも変わらなかったです。

もう読んでて、「LIVE行きてぇ~」「バンドしたいぁ~」ともやもやして困りました(笑)

85年頃が青春時代で、パンクやメタルにハマッていた人は、読んだらかなり懐かしいと思います。
その当時のあれやこれやが蘇ってきますよ♪(゚▽^*)ノ⌒☆
セリフもよーく読むと、「これはもしやあのバンドの事?」

思わず、ニヤリ(* ̄ー ̄*)となるかもよ。
〈 written by メタ子 〉

TO-Y (1) TO-Y (2) TO-Y (3)
TO-Y (1) TO-Y (2) TO-Y (3) TO-Y (4) TO-Y (5)

メタ子のお気に入り(6)

さてさて、久々に皆さんのオススメまんがを紹介します。
火曜日はメタ子さんの日ですよ!!

「小春びより」(講談社・ひぐちにちほ・5巻~)

人も犬も恐れるヤンキーの耕之助、ペットショップにいた、ぶっさいく顔(笑)パグ・小春を飼う事に・・・ ヤンキーの耕之助は小春にメロメロ! ギャグ漫画ではないのに笑える、描き下ろしも面白い、ショートコミックです。

今日は動物漫画をご紹介です!動物漫画と言っても、出てくるのはパグ(犬です)です(*^-゚)v
漫画の内容はひたすら、飼い主の耕之助とパグの小春のいちゃいちゃぶりが描かれていますが・・・

もう~、とにかく笑える((●≧艸≦)

何が笑えるかって、私の実家でもパグを2匹飼ってて、パグ飼いの方は特によくわかると思いますが、小春の表情・行動なんかが「うちもある、ある。こんなぶっさいくな顔して、よく寝てるよね~」みたいな、共感できる部分がすごくよく描けてて、笑ってしまうんです!

後、よくこんなぶっさいくな顔のパグを可愛く描けるなぁ~っと、感心しました!ぶっさいくって言ってますけど、もちろんメタ子は、めちゃくちゃパグ好きですよ(o≧▽゚)o

家では、ビーグル飼ってますけど(笑)

あっ! 忘れてました。作者のひぐちにちほさんもパグとフレンチ・ブルドッグを飼ってて、このお話はひぐちさんの弟さんと、愛犬のしょー君がモデルになってます。

実際飼っているから、あれだけのものが描けるのね!

パグってどんな犬か知りたい方は特におすすめ!(笑)

更に、パグを飼ってる人には、も~っとおすすめ!!
もっと、パグが愛しくなりますよん(*ノωノ) 
〈 written by メタ子 〉

小春びより (1) 小春びより (2) 小春びより (3)
小春びより (4) 小春びより (5)

メタ子のお気に入り(5)

火曜日はメタ子さんの日です!!

「デビルマン」(講談社・永井豪・全5巻)

デーモンからの魔の手から人類を救う為、デーモンと合体し『悪魔人間(デビルマン)』となった、不動明!!
デーモン族から、人類を守ろうとするデビルマンが死闘!!!


アニメでデビルマンをやっていて、小さい頃見ていたのですが、漫画のデビルマンを読むきっかけとなったのが、小学校低学年ぐらいだったと思います。

父親の実家に行ったらおじさんが若い頃読んでた、『週刊少年マガジン』を発見しまして、そこに『デビルマン』が載っていたのを読んだのが最初です!

アニメを見て「デビルマン、かっこいい~」なんて無邪気に育った私の最初に読んだ感想は・・・

号数がとんでいたせいもあるのですが、(なんせ小学生)内容は殆ど理解出来ていなかったと思いますが、そりゃもう~衝撃的でした!!
軽くどんよりした記憶もあります(笑)

まずは、アニメと漫画では、設定からして全然違っていました。
アニメでは、悪魔が不動明に乗り移り~ですが、漫画では自ら不動明が悪魔に身体を乗っ取らすという設定です。もうこの時点で別物です。

設定の違う漫画を読んで、私は大混乱(笑)
最初の悪魔の世界の解説みたいので、意味がわからん!!
(小学生だったので、しょうがないですよね!)

まぁいいや読んでみよう! って感じで読み進めていったのですが・・・
ヌードが出てくるのはまだいいや・・・
殺戮シーンって言ったらいいのかな? スプラッターなシーンが沢山出てきて、「私の知ってるデビルマンじゃない(ノД`)」って、泣きそうになりましたよ(笑)

何だかわからないけど、「人間って!!」って思ったことをよく覚えています。

そんなこんなで、衝撃的だった漫画デビルマンをある程度大人になってからまた読みましたが・・・
やっぱり大人になってから読んでも「人間って!!」って思いました。
小学生だった頃より、どんよりした・・・(笑)

意味が少しわかったのは素直に嬉しいというか、面白かったのですが、意味がわかったことでどんより率もUPしてしまいましたが。

とにかく、ほぼラストシーンの美樹ちゃんの切断された首を抱えている不動明の姿が忘れられません。。。

アニメのデビルマンしか知らない人は、漫画のデビルマンを読む時は、心の準備をして読んで下さいね┌|-.-|┐ペコッ
〈 written by メタ子 〉

デビルマン (1) デビルマン (2) デビルマン (3)
デビルマン (4)
デビルマン (5)
デビルマン(文庫) 全5巻セット

リンク
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コミックの新刊発売日はコチラ

本やタウン コミック近刊情報

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。


ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード